"「貴方はどうして賃貸を選ぶのですか?」という質問に対して多くの人が「持ち家よりも便利だから」と答えます。
確かにいろいろと規則が定められている賃貸ですが、普通に生活をしていればとっても便利でお得なのです。賃貸物件への申し込みをする時には、まずは大家さんが入居希望者の審査を行うこととなります。
「この人だったら安心して部屋を貸すことが出来るな」ということをこの審査によって大家さんが判断をすることになるのです。

 

物件の審査に「かかる日数の目安としましては1週間から10日程度ですが、もっと早く審査結果がわかることもあります。
この審査に合格をすることで、次は契約となりますので、引越し準備を本格的に進めていきましょう。
大家さんが審査を行う時には、不動産会社の人の意見も聞きつつ審査が進められていきます。
そもそも不動産屋というのは大家さんの代理で物件を紹介しているワケですから、悪印象を与えることのないようにしましょう。"



大家さんが賃貸契約の前に審査を実施ブログ:26-4-19

一週間くらい前のこと…

優しそうなお父さんと小学校4〜5年生くらいの兄に、
両方から手をつないでもらって
楽しそうに歩いている男の子がふと目に入りました。
たぶん、3〜4歳くらいかな。

男3人でドライブに行くのか、
もしかしたらスーパーにショッピングに向かっているのか、
…なんて感じの休日の風景。

僕は、ドラッグストアに日用品を買いに行った帰りで、
なぜママは一緒じゃないのかな〜?なんてことを考えながら、
嬉しそうなその両親と娘の様子を、
「景色」を見るような感じで眺めていました。


すると突然、
その景色が突然動き出したというか、
まるで動かない絵から手が伸びてきたかのように
男の子がすれ違いざまにそのキラキラした笑顔を、
こっそりと僕に投げかけてきたんです。

挨拶するでもなく、会釈をするでもなく、
ぼーっと見ていた僕に彼が笑いかけてくれたのは、
なんだかとても不思議な感じ。

お父さんと兄は、通りすがりの僕のことなんて
全然気に留めていない様子なのに…

目が合って少し驚いた僕も、
その子に思わず笑顔を返していました。

今まで「笑顔って大切」とか、
もちろんよく知っていることだし、
人にも幾度となく言ってきたように思う。

でもこんなにも 心にストンと入ってくる笑顔には、
そうそう出会った事がなかったかもしれない。

どうしたら、
あんな笑顔が出来るの?って思った。

彼は、大好きなお父さんと兄に手をつないでもらって、
そのとき 「世界」を完全に信頼しきっていたのかな。

だからこそ、
見知らぬ僕にもあんな笑顔が出来たんじゃないだろうか。

世界を「愛」という視点で見るということは、
まさにこれなのかもしれない…
と僕は思いました。