"「貴方はどうして賃貸を選ぶのですか?」という質問に対して多くの人が「持ち家よりも便利だから」と答えます。
確かにいろいろと規則が定められている賃貸ですが、普通に生活をしていればとっても便利でお得なのです。賃貸物件への申し込みをする時には、まずは大家さんが入居希望者の審査を行うこととなります。
「この人だったら安心して部屋を貸すことが出来るな」ということをこの審査によって大家さんが判断をすることになるのです。

 

物件の審査に「かかる日数の目安としましては1週間から10日程度ですが、もっと早く審査結果がわかることもあります。
この審査に合格をすることで、次は契約となりますので、引越し準備を本格的に進めていきましょう。
大家さんが審査を行う時には、不動産会社の人の意見も聞きつつ審査が進められていきます。
そもそも不動産屋というのは大家さんの代理で物件を紹介しているワケですから、悪印象を与えることのないようにしましょう。"



大家さんが賃貸契約の前に審査を実施ブログ:07-5-21

減量を思い立ったときに、
極端にご飯を減らしたり、
偏った栄養素を摂取したりする方法を選ぶ人は
結構多いようですが…

誰しも激しい空腹に耐えうるほどの精神力を
持っているわけはありませんので、
大半の人は挫折してリバウンドします。

度を越したご飯制限を続けていると、
拒食症・過食症などの摂食障害を、引き起こす可能性もありますので、
24時間に最低限必要な栄養素は摂取するべきなんです!

ボク自身、過去に少々過度なご飯制限をした経験がありますが、
健康障害を生じるほどではなかったにせよ、
低血糖状態で24時間中頭がぼーっとしていました。

確かに体重は二ヶ月で3kgほど減りましたが、
やせるというよりやつれた感じで、周りの人から心配されるほどでした。

経験上からもいえることですが、
より整ったスタイルにするための減量が、
健康を害するリスクを負いながら、
みすぼらしくやせても何の意味もありません。

人間の体質は極端にエネルギー摂取が減ったときに、
飢餓状態に備えて代謝が落ち、脂肪をあまり燃やさなくなるそうです。

そして、わずかなご飯からも
脂肪を貯めこんでしまうので、体脂肪は減りません。

さらに極端なご飯制限をしていると、
体質は摂ったご飯から最大限の栄養素を吸収しようとしますので、
以前と同じ量のご飯に戻しただけで太ってしまうのです。

極端なご飯制限をしている間は、
空腹によるストレス状態が続いているので、
その反動からご飯制限をする前よりも
ご飯量が増えてしまうことが多いようです。

結局、極端なご飯制限ではやせにくい体質になった上に、
ご飯量が増えてしまう危険性がありますので、
激しい空腹を我慢する割には、なんにも良いことがないんですよね。