細かく物件の下見をしよう

細かく物件の下見をしよう


細かく物件の下見をしよう
"最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。物件の下見におきましては、まず最初に部屋を一通り見て、汚れや設備などに破損が無いかを入念にチェックしてください。
このチェックの段階で傷等が見つかった場合には、入居までに修復をしてもらう必要があります。

部屋にコンセントの位置や数に不足等は無いでしょうか?さらに、電気を多く使う人は、契約容量のチェックもしておきましょう。
建物自体が古いと容量が低くなっている可能性もあるので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。
現地調査におきましては部屋の実際の長さを計測し、間取り図にメモを残しておくと良いでしょう。
引越し当日に家具の配置を決めるのではなく、このメモを参考にして事前に決めておくようにしましょう。"




細かく物件の下見をしようブログ:16-8-21

夫が仕事を辞めることになりました。
見かけによらず、責任感が強く慎重な夫にとっては、
悩み悩んだ末の思い切った決断のようです。

「仕事やめたいなぁ」と最初に言い出してからは
2~3年は経っているような気もします。

「あと1年、あともうちょっと…」と言いながら
夜更け遅くまで働き続けてきた夫も遂に限界がきたようで、
今年に入ってようやく「区切りつけるわ」と
自分から言ってくれました。

嫁の立場としては、
連日よる遅くまで働きづめで、
疲れ果てていた夫を見ていたので…

ホッとした気持ち半分と、
これから先がハッキリ決まっていない状態で
仕事を辞めるなんて本当に大丈夫なんだろうか?という気持ち半分です。

ただ、将来の不安を感じながらも、
わしはやっぱり、よかったなぁ…という思いが一番です。

夫の決断までの流れをみてると、
そういえば、わし自身も自分がなかなか決められない性格で、
昔長年務めた職場を辞める時も何年も悩んだよなぁ…と
いうことを思い出します。

でも、辞める前にあれだけ心配して悩んだわりには、
辞めてからは何事もなかったように流れていくので、
「なんでわしはあんなことであんなに悩んでいたんだろう?」と
不思議に思うんですね。もっと早く決断すればよかった…って。

夫も、自分で「区切りをつける」と言い出してから、
随分いろいろなプロセスがあったように思います。

夫は、今を楽しむということやチャンスに恵まれてるということでは、
わしよりもよっぽど強いと思っていたけれど、
やはり夫にも夫なりの恐れは一杯あるようです。

でも、ひとまず「お疲れさまでした」ですね。

細かく物件の下見をしよう

細かく物件の下見をしよう

★メニュー

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
様々なチェックポイントのある物件探し
大家さんが賃貸契約の前に審査を実施
上手に引越しをするポイント
細かく物件の下見をしよう
賃貸物件探しで最も大切なこと
とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ
賃貸に住むことで発生するトラブル対処
広告を出さなくても良い物件は埋まる
物件全体を細かく確認をして納得の契約


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸スタイル☆割安物件見つけた