"賃貸に引越しをしてから「こんなハズじゃなかった」と後悔をしてしまっても後の祭りなのです。
生活の拠点となる自分の部屋なのですから、事前の現地調査を入念に行い失敗しない物件選びをしましょう。インターネットや賃貸情報誌などで気になる物件を見つけることが出来たら、まず最初に不動産屋へ電話をしましょう。
電話でどのサイトを確認したのかを伝えて、すぐに物件を見に行く事が出来るのかを確認しておきましょう。

 

最近におきましては、自社のホームページを持っている会社も多数ありますので、そこからも会社の情報収集をしましょう。
また不動産屋に対する口コミ情報を書き込みすることの出来る掲示板もありますので、事前に参考として確認しておくと良いでしょう。
良い物件が見つかって不動産屋に電話をする時には電話先の人の対応は必ずチェックをしてください。
不親切な対応をしてきたり、いい加減な返答をしてくるような不動産屋は見切りを付けて別の不動産屋の利用を考えましょう。"



とにかくまずは不動産屋へ問い合わせブログ:12-3-21

減量を実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、減量の停滞期なのです。

大抵の場合、減量を始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分では減量を頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、減量をしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のない減量は危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
身体を壊してしまわないうちに、
減量方法を見直した方が良いですよ!

減量の停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
減量の停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度な運動などで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰な運動は危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
減量の意味がありません。

体重が減らないからと、
極端なご飯制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすい身体になってしまうだけです。

適度な運動をすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りの減量法を続けることが賢明なんです!